タイロン・ウッドリー:次戦について

http://www.mmanews.com/tyron-woodley-lobbying-for-ufc-227-return-in-l-a/

By Jose Munoz – June 5, 2018

「8月4日に試合をするつもりだ。LAで試合がしたい。準備はできている。100%の力で出来ることも多くなっている。もちろんまだリハビリ中でパワーを戻しているところだけど、大きな制限にはなっていない。」

「誰が準備ができていて、誰が次の挑戦者にふさわしいか。あまりそういう風には考えていない。王者としての権利もある。俺の準備ができたとき、それが試合をするときだ。その時に俺の対戦相手として用意された相手が誰だとしてもその相手と戦う。『この試合がどうなるか様子を見てからにしたい』なんて言わない。俺は王者だ。そして試合がしたい。」

「何度か試合の機会はあった。でも俺は違う階級の相手でもいいから大きな試合がしたいって思った。ネイトとかジョルジュとか。でもそれ以外の相手でも試合をするつもりだ。」

「この階級を文句なしで一掃したい。RDA、コルビー、ウスマン、ティルとの試合に異論はない。それで、他に新しい有望選手が出てこなければ、この階級を一掃したことになる。ウェルター級史上最強になることができる。その後はミドル級に階級をあげる。そこでもベルトが欲しい。」

「ウェルター級で出来ることを全てやって階級を変える。もう一度自分自身への挑戦をする。ミドル級でベルトを獲って、ミドル級でキャリアを終える。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中