アマンダ・ヌネス:ATTを離れることについて

https://www.mmafighting.com/2022/2/7/22922561/amanda-nunes-explains-why-she-left-american-top-team-reveals-new-coaching-staff

By Damon Martin@DamonMartin  Feb 7, 2022, 6:00pm EST  

ずっと自分のジムを作りたいと思っていたの。アメリカン・トップ・チームに対抗するためにジムを開くなんて一言も言っていないし、そんなことを私が言うはずがない。

でも、ずっと自分のための小さなジムをもちたいと思っていた。なぜなら、アメリカン・トップ・チームにいた時も、私は自分のペースで練習をしていたから。自分に都合がいい時間にジムに行って、そこでコーチが待っていて私のキャンプを手伝ってくれていた。いつもそんな感じだったの。

いつか自分の場所が欲しいっていうのが頭の中にずっとあったの。自分の教訓を壁に貼って、自分のロゴも作ったり。これは多くのファイターがキャリアのなかでいつかやりたいって思っていること。そして今が私にとってそのタイミングだと思うの。少し自分流にしたいって。

アメリカン・トップ・チームと素晴らしいことを成し遂げた。ジムの全てのコーチ、そしてダン・ロンバートとお互いにできることを全てしたいたと思う。でも今は、自分のやりたいようにやってみるべきだとも思った。

私には自分がやりたいようにやってみる資格があると思う。ジムに不満があるってわけじゃないの。実際今でも良い関係だし。今もいつでも好きな時にジムに行ってトレーニングができる。何か問題があったわけじゃないから、関係は続いている。一緒に沢山のことをしてきた。一緒に歴史を作ったの。

今までと違うことをしたかった、というのが本音。ただ、コーチも以前アメリカン・トップ・チームにいた人たち。ケイミ・バルジーニは私がアメリカン・トップ・チームに入った時のレスリングコーチで、そこで彼とレスリングの練習を始めたの。その後彼はチームを去ることになって、マイク・ブラウンと練習をすることになったの。

ロジャー・クラールもアメリカン・トップ・チームにいた。だからアメリカン・トップ・チームの人たちと一緒なの。彼らもチームにいた時の最高の思い出があるはず。

違うことをしたかった。自分のやり方をしてみたかった。それで、少しだけ変えてみようって決断をしたの。コーチ陣に不満があったとかではない。沢山の素晴らしいことをしてくれたし、一緒に最高の偉業を成し遂げた。でも、誰でも人生のどこかのタイミングで、違うことをしてみたいって時がくるものなの。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中