ジャレッド・キャノニア:拡散された動画について

俺は試合を観るためにあそこにいた。サーカスを観るためであって、サーカスの一部になるためではないんだ。誰に対しても悪い感情はないよ。ファイターの仲間を尊敬している。ただ、自分らしくいたい。彼らは彼ららしいふるまいをしていた。俺は自分のゾーンで生きているし、自分のエネルギーの中で生きて、自分のエネルギーを大事にしている。

知らない人間に囲まれるのは苦手なんだ。よく知らない人間とか信用していない人たちの中にいるのはあまり好きじゃない。たぶん、軍隊にいた時に身に着けてしまった習性だと思う。大勢の中にいるのが好きじゃないんだ。でもそれが俺。社交的じゃないって訳じゃない。

嫌な顔をしていたわけじゃないよ。いつも通りの顔さ。カメラに気付いていたよ。カメラを見て、皆は色々なポーズを取り出した。でも言ったように、俺は試合を観るためにあそこにいたから、サーカスの一部になるつもりはなかった。試合を観て、何かを学ぼうとしていて、それでオクタゴンの真正面にいた。自分が試合をしているつもりで見る事ができたし、身構えて試合を観ていた。そういうことを俺はしていた。他の皆は楽しんでいたし、それでいいと思う。俺も楽しんでいたから。でも、俺は俺。俺はパーティー大好きって訳じゃない。あそこで酒を飲もうとは思わないし、特にビールとか強い酒を飲むことは無い。

モリーは少し騒がしかったね。スクリーンに映る度に俺の頭上に彼女の飲み物があった。俺と妻の背中に少しビールがかかっていた。でも大したことじゃない。問題ないよ。ビールをぶっかけられたわけじゃないから。何度もビールがかかったけどね。

モリ―は特に騒がしかった。彼女はいい奴だと思うよ。彼ら皆いい奴だと思う。嫌な感情はないよ。彼らは彼らがしたい事をしていた。俺はそれに対してムカついていない。俺は、行動とか育った環境とか経験とかに基づいて誰かを批判するつもりはないんだ。

皆自分が好きなように行動すればいい。誰かを傷つけたり、誰かの邪魔をしない限り、好きな事をすればいいよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中