アレクサンダー・グスタフソン:ハムザト・チマエフについて

彼はウェルター級だけど、ヘビー級のような打撃を打つ。ヘビー級のように強いけど、ライト級のように速い。

彼は、俺が過去に行ったどんなハードなトレーニングよりも激しトレーニングをする。彼は一日に5セッション行う。俺の全盛期、ジョンとかそういった選手と戦っていた時、俺は一日に3セッション、一セッションに20ラウンドのスパーリングをしていた。ものすごく体力があったから。でも彼は俺よりも激しいトレーニングをする。彼は疲れないんだ。

俺はずっと腕を上げていないといけない。冗談ではなくて、彼はスピードがあってすごく正確だから、相手をノックアウトするのにパワーは必要ないんだ。自分が相手のどこを狙っているかわかっているし、毎回そこを当てることができるから。

色々な選手と遊びでスパーリングをしたりする。笑いあったり冗談を言ったりしながら楽しむんだ。でも彼の場合、スパーリングの時は本気のスパーリングになる。相手が誰だろうと関係ないんだ。

俺たちは家族みたいなものだ。俺にも色々あるけどチームがいてくれる。俺たちは互いに助け合っているから、彼のためにできることをする。彼は感情的で感受性が強い。すごく繊細な男なんだ。俺たちは皆違った性格をもっているから、互いに違う方法で助け合っている。

彼に助けが必要な時は手を差し伸べる。俺が何かを教えることもあるけど、それを必要以上に押し付けたりはしない。彼のコーチではないからね。俺は彼の友達だ。彼のトレーニングに関しては、コーチたちがやるべきことをやっていると100%信じている。俺はただ時々、感情的な事とか考え方とかでサポートをしているだけ。大きな会場で大観客の前で大事な試合をするときとかね。ただ友達としてそこにいるだけだ。彼にサポートが必要な時は俺はいつでもそこにいる。

https://www.bloodyelbow.com/2022/2/8/22923787/ufc-mma-news-interview-media-video-alexander-gustafsson-khamzat-chimaev-fight

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中