ヴォルカン・オーズデミア:ダニエル・コーミエ戦について

http://www.independent.co.uk/sport/general/mma/ufc-220-daniel-cormier-vs-volkan-oezdemir-interview-light-heavyweight-title-fight-miocic-ngannou-a8167876.html

Luke Brown @lukedbrown 2018/1/19

ヴォルカン・オーズデミアは、ダニエル・コーミエに「レベルが違う」と言われたことを笑い飛ばし、どのような戦い方でライトヘビー級のベルトを手にするかを語った。二人の戦いはUFC 220のコメイン・イベントとして行われる。

スイス出身のオーズデミアが本格的にMMAのトレーニングを始めたのは2015年に南フロリダに移住してから。オヴァンス・サンプルーに判定勝ちを収めた後、ミシャ・サークノフとジミ・マヌワを1ラウンドKOで下してタイトル戦を手にした。

コーミエは、オーズデミアが彼のレベルに達していないと繰り返し口にしている。オーズデミアは、それは滑稽だと言う。

「すごく面白いと思うね。彼が面白いことを言ったということは認めないといけない。俺はユーモアのセンスがあるけど、彼の発言には本当に笑わせてもらった。面白い男だ。」

「全く気にしていない。この試合を存分に楽しむつもりだ。世界王者になるために、ものすごく一生懸命トレーニングをした。だから、集中しているし、リラックスしている。」

オーズデミアは攻撃的なファイトスタイルで2011年から2014年の間に8回の1ラウンドKO勝ちを収めている。それでも、レスリングのバックグラウンドをもつコーミエとの対戦では、色々なやり方を組み合わせることができると語る。

「どうなるかは分かっている。距離を詰めてきて少しだけ打撃を打つだろうけど、結局のところ、彼はレスラーだから彼がやりやすい展開にもって行こうとする。」

「大抵は自分のバックグラウンドに立ち返るものだ。俺は距離をとって戦うこともできるし、近い距離でもクリンチでもすごく効果的な戦いができる。だから、ノックアウトする自信がある。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中