ルーク・ロックホールド:ヨエル・ロメロ戦について

https://www.mmafighting.com/2018/1/15/16893396/luke-rockhold-says-yoel-romero-has-more-holes-to-expose-than-robert-whittaker

By Shaun Al-Shatti@shaunalshatti Jan 15, 2018, 4:30pm EST

ロバート・ウィテカーが負傷のためUFC 221欠場を余儀なくされた。ルーク・ロックホールドはオーストラリア、パースに渡りメインイベントで、代打のヨエル・ロメロと対戦する。

ロックホールドはMMA Hourに出演しこう語った。

「明らかに理想的な状況ではないね。地元でも戦える相手と、海を渡って試合をするんだ。ウィテカーと戦いたかった。ずっと希望していた試合だし、タイミングも良いと思っていた。でも、彼には何か健康問題があるみたいだ。良くなることを祈るよ。ウィテカーが何かから逃げるような人間ではないことは分かっているし、彼のことを尊敬している。良くなることを祈っている。大きな問題じゃなければいいけど。」

「目の前にあったのはヨエル戦っていうオプションだった。納得できるファイトマネーでベルトが先にあるなら、戦う準備はできている。ハンター・キャンベル(UFCゼネラルカウンシル)と良い会話ができた。この状況に対応して、暫定ベルトもできた。それは良かったと思う。ロバートは1年の欠場になるし、王者は休まずに試合をしないといけない。だから暫定ベルトは理にかなっている。ヨエルは最高にタフだ。チャンピオン、つまり俺じゃなければヨエルを倒すことはできない。俺が彼を倒すつもりだ。」

ロバート・ウィテカーの状況について、そしてロメロ戦について

「色々な話が耳に入っている。何か重症だって話も聞いた。入院するかもしれないとも聞いた。分からないけど、何週間も前からだって聞いた。自分の頭の中を整理してそれが何か考えているよ。どうなるか様子をみよう。彼のベストを祈る。俺は前に進んで、今目の前にあるものに集中する。それに、ヨエルとはいずれ戦うことになっていたはずだから、気にしていない。ウィテカー戦の次に彼と戦うことになっていたと思う。順番が逆になっただけだ。すごく似た対戦相手だと思っている。二人とも爆発力があって、身体能力が高いファイターだから、封じ込めるだけだ。」

「ヨエルの方が戦い方に穴が見つけやすい。ウィテカーの方が穴が小さくて、そこを付きにくいけど、ヨエルには隙がある。だから、すごく似ているけど、ヨエル戦の方がやりやすい。」

「ヨエルの体を疑っている。つまり、彼の体はいつもの彼の試合のように、長い時間激しい動きをすることはできないと思う。彼の精神面は問題ないと思う。つまり、疲れていても勝利への気持ちはある。だから、彼の体を動けなくするつもりだ。彼には限界がって、穴もある。弱点を探して、彼の身体を限界まで疲れさせる。彼が前に出てくることは分かっている。彼が危険なことも分かっている。彼が諦めなくても、彼の体が動かなくなる、そのレベルまで疲れさせるつもりだ。」

「ヨエル戦で十分な証明ができると思う。誰が真の王者か分かる。ウィテカーは強いし、彼の実力も認めているけど、ヨエルをフィニッシュはしていない。だから、もし俺がヨエルをフィニッシュできたら、俺の実力を証明できる。だから、それが狙いだし、自分はそれが出来ると思っている。」

「ウィテカーについての情報がすごく少ない。誰も話を漏らしていない。だから、ロバートの健康状態がはっきりするまでは、今後がどうなるかは分からない。ただ、俺の理解では、彼は夏前には試合ができるって考えている。ヨエルをフィニッシュして、タイトルを統一する。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中