マイケル・ビスピン:GSP戦前に負傷していた

http://www.mmaweekly.com/michael-bisping-reveals-serious-injury-he-suffered-days-prior-to-facing-gsp

マイケル・ビスピンはポッドキャスト番組True Geordieに出演し、ジョルジュ・サンピエール戦についてこう打ち明けた。

「実は試合の一週間前に肋軟骨にヒビが入ったんだ。最終トレーニングセッションだった。あのスパーリングはやるべきじゃなかった。言い訳みたいに聞こえるけど。あの時はこのことを言わなかった。いい訳をしているみたいだから。でも実際はニューヨークに行く前の金曜日、ディーン(アマシンガー)が練習を手伝ってくれていたんだけど、彼が凄く本気でダブルレッグ・テイクダウンを仕掛けてきて、オクタゴンを横断するように突進して、俺はダウンして、それで彼が俺の肋骨の上に乗ってしまった。」

「通常は問題ないんだけど、ダウンした瞬間、何かが裂けたような感覚があって動けなかった。回転も何もできなかった。」

「ニューヨークに着いてから毎日治療をしていた。完全に悪夢だったよ。みんなからは『少し表情が硬いぞ、マイケル』って言われたけど。そりゃ当然だよ。肋軟骨にヒビが入っていたけど、でかい試合でファイトマネーもでかかったし、ファイターとしてそれでもやれるって思ったんだ。」

「俺のベストのパフォーマンスではなかった。それで俺にとって良い結果にはならなかった。でもジョルジの評価を下げるつもりはない。神のご加護を、良くやったなって。彼は仕事をやり遂げた。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中