ダレン・ティル:ウッドリー戦後のコメント

https://www.mmafighting.com/2018/9/9/17836882/darren-till-vows-to-still-become-greatest-fighter-of-all-time-despite-ufc-228-title-fight-loss

By Alexander K. Lee@AlexanderKLee  Sep 9, 2018, 7:00am EDT

「傷ついているよ。あの場所で計画していたことを達成できそうだったんだ。ベルトを獲って最強になることを。今でも自分が最強だって信じている。バックステージでウッドリーとも話をしたんだ。ジョン・ジョーンズだって負けを経験している。ジョルジュ・サンピエールもそう。」

「どんな偉大なファイターも負けている。今夜が初めての負けだったけど俺は大丈夫。でも腹が立っているよ。回りくどい言い方をするつもりはない。」

「誰だって負けることはあるよ。どんな練習をしても。負けずに済んでいる選手もいる。フロイド・メイウェザーとか何人かの選手は負けていない。俺がMMAに来る前のことはあまり知られていないけど、負けたこともある。3回負けている。カナダでの世界戦で負けている。すごく酷い経験だった。そういうこともあるし、正面から向き合うつもりだ。あの時は翌年復帰してからは勝ち続けた。去年は18ヶ月ぶりの復帰戦も経験して、そこからスウェーデン、ロッテルダム、ポーランド、そしてリヴァプールで試合をした。そして今回はテキサス。ずっと走り続けてきた。負ける時もあるし、それが今日だった。」

「また負けることもあるだろう。それでも自分は史上最強のファイターだって、そう信じている。今回の負けで何かが変わることはない。ただ、みんなに嘘は言えない。俺は腹が立っている。打ちのめされている。傷ついている。俺は傷ついているよ。」

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中