ハビブ・ヌルマゴメドフ:マクレガーについて

もしコナー・マクレガーをテイクダウンできなかったら、どうしますか?

「それはない。俺にテイクダウンされないっていうのはありえない。本当にそれは不可能だと思ってる。俺のテイクダウンを彼がうまく防いだとする。そしたらもう100回倒しに行く。そうすると彼はどうなる?」

 「彼は、コンディショニング、レスリング、グラップリングができない。彼は疲れると心を無くしてしまう。そしてその後どうなる?彼にあるのは凄くいい左だけ。それは認める。彼の左のパンチは凄くいい。でも彼に何ができる?角度を潰してテイクダウンを狙いに行く。100回でも。そしてこの試合はこれまでの試合とは違う。みんなは俺がヤクインタ戦のような戦い方をしたら彼にノックアウトされるって言うけど、俺の全試合をみてくれ。すべて違うから。バルボーザ戦、ドスアンジョス戦、マイケル・ジョンソン戦、どれも戦い方が違う。まあそのうち分かるよ。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中