イズラエル・アデサニア:タバレス戦について

Israel Adesanya details how he'll finish Brad Tavares, who's headlining 'because of me'

By: Fernanda Prates and Mike Bohn | July 4, 2018 8:30 pm

「正直、俺が相手じゃなければ彼はメインにいない。彼が赤コーナーなのは彼の方がランクが上だから。でもランキングは誰かの意見でしかないから俺は気にしていない。彼は俺のおかげでメインで試合をできる。俺は青コーナーかもしれないけど、Aサイドだ。」

アデサニヤはキックボクシングで75勝4敗、29KO勝利の戦績を収めている。

「相当の試合数だし、そこにアマチュアの試合は含まれていない。ボクシングでの6勝1敗もある。キャリアを通してブラッドのような相手とも戦ってきた。彼のようなスタイルで彼よりも優れた相手と戦ってきた。彼は、俺が彼のような相手と戦ったことがないって言いたいようだけど、彼のような相手は何度も経験している。俺の戦績をチェックしてくれ。」

タバレスはウィテカーに敗れた後、イライアス・テオドロウ、ターレス・レイチ、クリストフ・ヨトゥコといった相手に勝利している。タバレスを倒すのは難しいだろう。

「彼らよりも俺の方が優れていると思う。皆それぞれ意見はあるし、言いたいことを言えばいい。ただ、彼は高いレベルの相手には負けている。俺は最高レベルだ。金曜の夜、彼はまた負けることになる。」

「前回の試合は楽だった。相手のやり易い戦い方をした。今回はどうしても自分の実力を見せたい。3ラウンドも必要ないと思う。2ラウンドでいい。彼はたいしたことはない。ウィテカー戦を見たか。ウィテカーの打撃は少しぎこちなかったけど、クリーンに当たった。ウィテカーは正面から身を乗り出して打撃を打ってバランスを崩すことがある。俺はそんなことはしない。」

「昔は俺もそれをやったけど、もう改善した。彼はたいしたことはない。最初の30秒か1分で十分な打撃を当てる。彼は『オー、まずい、よしテイクダウンだ』ってなる。それでパニックで苦し紛れのテイクダウンをする。何度もそうなるよ。」

「1ラウンドにそうならなくても、試合が進むにつれて俺はリラックスしてくる。だから2ラウンドか3ラウンドだ。5ラウンドまで行くとは考えられない。5ラウンドは多すぎる。彼をフィニッシュする。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中