ラシャド・エヴァンス:引退について

https://www.mmafighting.com/2018/6/25/17442120/rashad-evans-announces-retirement-from-mma

By Alexander K. Lee@AlexanderKLee Jun 25, 2018, 3:49pm EDT

「気分はいいよ。少し時間がかかったけど、自分の感情を整理して、これまで起きたことを理解して、自分に正直になった。色々考えて、一人で考える時間をつくって、本当にどうするべきか決めた。引退する。」

「引退に至った理由は本当に色々あるけど、ただ以前は戦いが自分の人生の全てだった。それが全てで生活は二番目だった。でも今は生活が一番で戦いは二番目になってしまった。総合格闘技のようなスポーツでは、まだトップに辿り着いていない選手、俺が経験したようなことをまだ経験していない選手が大勢いる。彼らはすごくハングリーだ。俺はどうかというと、中途半端。このスポーツで色々な経験をして、たくさんの試合をした。今は以前と同じような気持ちがなくなっている。」

「辛い。負けて引退はしたくなかった。でも同時に自分には他にやるべきことがあるって思うから引退しないといけない。この言葉をはっきりと口にするのがどれだけ辛いか考えていたけど、でもそうしないといけない。治療のこともあるし現実も受け入れなければならない。それにこれ以上自分に嘘はつけない。困るのは身体的にはまだ戦えるって思えてしまうこと。56秒で負けたけど。今でも競技をしたいって気持ちも少しはあるけど、同時にまたこれをやりたいって気持ちがでてこない。」

UFC 225の出場する際、これが最後になるかもしれないと感じていたかと問われこう答える。

「なんとなくそう感じていた。俺は前からその時がくれば分かるって思っていた。それに、引退すべき時が来たら自分でそれに気付きたいって常に願っていた。心からそれを受け入れるのには数週間かかったよ。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中