クリス・ワイドマン:タイトル戦について

https://www.mmafighting.com/2018/6/24/17451384/chris-weidman-confident-he-could-finish-robert-whittaker-thats-a-guy-i-match-up-really-well-against

By Alexander K. Lee@AlexanderKLee Jun 24, 2018, 3:00pm EDT

「もちろんウィテカーとのタイトル戦が自分にとって一番良いシナリオ。彼は自分にとって戦い易い相手だと思う。彼をフィニッシュできると思っている。」

「俺はこの階級で一番華やかな戦績がある。タイトル防衛数が一番多い。辛い状況もあった。キャリアを通して無敗だったけど、一敗して、偶然3連敗した。自分の気持ちが正しい場所に無いように感じていた。復活して自分を立て直して気持ちを取り戻した。それでトップコンテンダーのケルヴィン・ガステラムを倒した。圧倒していたと思うし、フィニッシュした。あれが彼の実力で俺はタイトル戦の話に出ている彼を前回の試合でフィニッシュしている。だからもちろん自分にタイトル戦の資格があるし、良い試合になると思う。」

「ヨエルが体重を2度作れなかったことは良く思っていない。正しくないしプロじゃないって思ったから、どちらかというとウィテカーを応援していた。周りの人間と話をしたけど、皆ウィテカーが勝った方が俺にとって良い状況だって言っていた。」

「ウィテカーはすごくタフだし捕まえにくい。空手スタイルのようなバックグラウンドがある。でも俺には最高のトレーニングパートナーがいる。彼をノックアウトしたワンダーボーイだ。彼は俺の家族で、それがさらにモチベーションをあげてくれる。負けないように。義理の弟は彼をノックアウトしているんだ。もし負けたら親戚の集まりに行きたくなくなるだろ。大きなモチベーションになるし試合に向けて自信にもなる。」

「でも彼はタフで抑え付けるのは難しい。俺の打撃とレスリング、グラップリング、柔術への移行、それを考えたら俺は彼よりも大分オールラウンドだ。彼がどれだけタフだろうと関係ない。」

「手の状態はすごくいい。岩のように固くなったから壁でも打ち抜けるような気分だ。ものすごく強い。チタンか何かネジのようなもので固定したからすごく調子がいい。だから俺は準備ができている。できれば9月、10月、11月あたりがいい。」

「タイトル戦の前に他の試合をしなければならないとしても全く問題ない。それでもやる気だ。自分が世界最強だと思っているから、倒さなければならない相手がいればその選手を倒して自分の実力を証明する。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中