アル・アイアキンタ:計量について

https://www.bloodyelbow.com/2018/6/19/17477502/ufc-al-iaquinta-dana-white-has-zero-power-over-me-weigh-ins-mma-news

By Milan Ordoñez@Mr_Ordonez Jun 19, 2018, 3:30pm EDT

「俺はウェイインをして、それで物を食べ始める。朝に計量をすることを前提に契約にサインをしているから、そうする。午後のウェイインなんてない。100%

「ダナはやり過ぎだ。我慢の限界だ。彼らは俺のような男を相手にしたことがない。俺は自分の全ての力を使って正しいやり方にさせる。俺たちは朝計量する。」

ジャスティン・ゲイジーとの試合のニュースが出た際、アイアキンタはツイッターで「#フェイクニュース」と投稿している。アイアキンタによると、それはUFC幹部への強いメッセージだったという。

「あれは『俺はヤイール・ロドリゲスとは違うぞ』ってメッセージだ。俺は解雇されてもいい。泣いて戻ったりしない。ダナ・ホワイトは俺に対してなんの力もない。ゼロパワーだ。」

「俺はケージの中でも外でも戦い続けないといけない。UFCには俺のような人間が必要だ。なぜなら俺はこのスポーツを愛しているから。ダナはどうか。彼が今でもこれを愛しているか分からない。彼はスポットライトの中毒になって全て自分を中心にしたいんだ。」

「ダナ・ホワイトがマイクの前に立つ度に俺たちは強くなる。彼が口を開く度にProject Spearheadへの申込は増える。ファイターはしっかり約36時間の水分補給をするのがどんな感じか解っている。もし彼がこれを変えたら、我慢の限界で彼も終わりだ。俺はたくさんの人間と話をしてそれを分かっている。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中