マイケル・ビスピン:引退表明

「長い間もったいぶって、また戦うかもしれないし、やらないかもしれないってずっとやってきた。残念ながらこれから発表するのは次の試合じゃない。正式に総合格闘技からの引退を発表する。」

「ガステラム戦の後、試合に駆けつけてくれたチーム、友人みんなとパーティーをした。クラブに行って、そこは暗かったけど良い方の眼(左眼)の端にずっと光の点滅が見えていた。ずっとそれが見えていて、しばらくして光じゃなくて自分の眼がおかしいってことに気がついた。左を向くたびにその光が見えた。今でも暗い時にそれが起こる。今は明るいから見えないけど。」

 「それで気がおかしくなった。オーマイゴット、信じたくない、網膜剥離になってしまったって。悪い方の眼も問題がある。見た目が悪い。それで俺は気がおかしくなった。結局、医者の診断では硝子体剥離だった。」

「引退するかもしれないって言った後もロンドンでの試合については考えた。実現することはなかったけど。多分それでよかった。みんなからは試合を止められていた。実際、ロンドンでラシャド・エバンスと戦えないかUFCと交渉していた。実現しなくてよかったのかもしれない。」

「昨日の夜、ジャーニーマンって映画を観た。自分も役に応募したけどダメだった映画だ。ボクサーの話で、綺麗な奥さんと子供もいる最高の人生だけど、試合で死にかけて脳のトラウマとかでちゃんと喋れなくなる。悲しい話だ。それで、ふとやる価値がないって思った。つまり、これ以上何のためにこれをやるってはなしだ。ベルトも獲ったし、たくさん試合に勝った。達成しようとしたことを全てやった。死に体に鞭をうつ意味があるか。自分が死に体ってわけじゃないけど、計画したことを全て達成したのに何の意味がある?幸運にも今は他の事をやることができる。立ち去るタイミングを知るべきだ。ほぼ40になるし今がその時。なによりも妻に感謝したい。彼女なしではこうならなかった。本当のことだ。彼女はいつも全てのステップで素晴らしかった。子供達、父親も最高だ。そしてもちろん自分をサポートしてくれたイギリス、世界のみんなに感謝する。」

「だから、引退する時だ。最高のキャリアだった。それだけ。みんなありがとう。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中