アマンダ・ヌネス:ペニントン戦について

UFC champ Amanda Nunes on challenger: I know all her game plans

By: Steven Marrocco and Fernanda Prates | May 9, 2018 8:15 pm

アマンダ・ヌネスとラケル・ペニントンは友人関係にあったが、オクタゴンで対峙することになった。ヌネスはペニントンに対する遺恨はないという。

「いつかこうなるって二人とも分かっていた。そして今私たちはここまできた。ケージに上がって自分たちの仕事をするだけ。その後また友達になる。」

オッズでは大差でヌネス有利と見られていることについて。

「周りから聞くまで知らなかった。全く関係ない。ケージに上がって自分の仕事をするだけ。ラケルがタフなのは分かっている。みんな彼女を過小評価しているけど、私は違う。彼女はタフだって分かっている。挑戦者はベルトを狙ってくる。全てを出して戦ってくるし、何も失うものはない。私には失うものがある。注意しないといけない。これまでで最強のラケルだと思わないといけない。だからハードなトレーニングをしている。精神的にも準備ができている。ベルトをもって家に帰る。私は王者だから、勝ち続けて自分の力を証明しないといけない。」

「彼女はグラウンドがうまくて、ギロチンもある、ジャブも良い。ストライキングもカーディオも良い。スペースを与えすぎると彼女に有利になる。彼女が私にプレッシャーをかけてくることは分かっている。私の対戦相手は皆、私の昔の試合を見てプレッシャーをかけるのが良い方法だって考える。でも私は同じ間違いはしない。彼女はプレッシャーをかけてきて、ダーティーボクシングをしてくるはず。彼女は私を疲れさせようとする。でも何をやっても結果は同じ。彼女が考えているゲームプランは全て分かっている。なぜなら、私も以前は彼女と同じ立場だったから。私もタイトル挑戦者でアンダードッグだった。勝つためにプレッシャーをかけないといけない相手との試合だった。」

「私は相手の心を読むことができる。ケージの中で戦い方を調整することもできる。そして相手の心を折る方法も分かっている。彼女が強いのは分かっているけど、確実にベルトを持ち帰る。」

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中