イアン・マッコール:堀口戦後の会見

「確かに凄く強く殴られた。打撃をもらってしまった。だからどうした。戦わせてくれ。死ぬためにここに来た。俺も彼に一発入れたと思う。分からない。見直さなければならない。凄く恥ずかしい。なんて言うか、凄く悲しい。」

「彼は本当に強い。でもやっぱりあのストップは早すぎたと思う。戦うためにここに来た。少なくとも15分は戦うつもりだったから、それを奪われたように感じている。堀口は明らかに良い打撃を当てた。ハードなパンチだった。でも自分は大丈夫だった。」

朝倉海の対戦要求について

「マネルを倒した選手か。もちろん。俺は戦うのが好きだから。でも家に帰って家族と話し合わないといけない。自分はこれを続けたいのか。人生で他にも出来る事はあるし、正直に言うと、自分はこのスポーツでもう終わってしまったのかもしれない。色々と考えなければならない。もしそうだとしたら辛い。自分がどれだけ優れているのか、まだ世界に示すことができていない。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中