フランク・ミア:ヒョードル戦を振り返る

https://www.bloodyelbow.com/2018/5/3/17313562/bellator-198-frank-mir-on-loss-to-fedor-emelianenko-i-let-my-ego-dictate-how-i-fought-mma-news

By Milan Ordoñez@Mr_Ordonez May 3, 2018, 10:00am EDT

UFCヘビー級元王者フランク・ミアはBellator 198でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し48秒TKO負けを喫した。

試合開始序盤はヒョードルをノックダウンし優位に立ったが、ヒョードルに払い腰をされた後、状況が変わったようだ。

「自分のエゴを傷つけられた。正直、あんな風に投げ飛ばされるのは恥ずかしい。それで立ち上がった時、ストリートファイトのモードになってしまった。落ち着いて打撃のセットアップをせずに、左を打ち続けた。冷静さがなくなっていた。真剣勝負から2年間離れていた影響が一番そこに出たと思う。戦略的な戦いをせずに感情的になってしまった。」

「冷静さを失った。戦い方をエゴに支配させてしまった。これまでは感情を無くして戦うのがすごくうまかった。でも投げ飛ばされて、しかもハイライトになるような派手な投げられ方だったから、自分のエゴがすごく傷ついたんだ。」

38歳になるミアは復帰してキャリアを続ける意欲がある。夏にロシアの団体ACBで復帰戦をすることを考えている。ミアはACB解説者でもある。

「Bellatorからは10月を打診されている。俺としては問題ない。その前にACBで一試合したい。それで忙しくしできるし良いタイミングで復帰できる。こんな機会はない。どれだけ激しいトレーニングをしても本当の試合とは違う。この2年で40秒しか試合をしていない。だからもっと試合時間が必要だ。」

「正直、できれば次はヒョードルのように危険な相手じゃないほうがいい。少し試合に慣らしたい。理想はヒョードルがトーナメントを優勝して、俺はそれまでに勝利を重ねて、彼の最初のタイトル防衛戦の相手になりたい。」

ミア(MMA通算18勝12敗、うち14ストップ勝利)は現在3連敗中。ヒョードル戦の前は2016年3月マーク・ハントに1ラウンドKO負けを喫している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中