ロンダ・ラウジー:UFCでの敗戦とその後のメディア対応について

Ronda Rousey admits she never learned how to lose: 'I did a whole lot of crying' after UFC defeats

By: | April 26, 2018 8:15 am

「一人になってものすごく泣いた。(トラビス・ブラウンが)抱きしめて泣かせてくれた。それが2週間。ひとりではできなかった。色々と忘れてはいけないことがある。すべての失った機会は後になって実はありがたいことことだった。」

「経験から学ばなければならない。最悪の出来事が色々あったけど、その結果素晴らしいことが起きた。時間は最高の先生。つまり、悪い時でも時間は過ぎていく。」

「両親は私に特別であるように期待していたし、私も自分が特別だと考えていた。自分がやりたい仕事を自分で造ろうとしてたけど、母にできるって言わなければそんな勇気はなかったと思う。」

「ただ母が私に教えてくれなかったことがひとつあって、それは負け方。彼女は私が負けることを考えるのを決して望まなかった。『力がない者が負けるんだから放っておけ』って。」

「私たちはツイッターの嫌な時代に生きている。何かについて意見を言って本当に得るものはある?人々を弱らせるだけ。切り貼りされて、見出しになってしまう。」

「(有名人は)特にそれが多い。なぜ話す必要があるの?私のコメントを聞くのはひとつの恩恵だと考えている。でもそれが悪用されている。だったらその恩恵を奪ってしまえばいいって考えたの。公の場の批判で誰かを打ちのめすのは正しいことではないと思う。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中