カーロス・コンディット:マグニー戦は何かが足りなかった

http://www.mmanews.com/carlos-condit-reflects-on-lackadaisical-performance-against-neil-magny/

By Randal Corp – April 12, 2018

カーロス・コンディットは、UFC on FOX 29のオープンワークアウトで前回の試合についてこう語った。

「マグニー戦は奇妙な感覚だった。すごくだるくて気持ちが入っていなかった。しかも試合の中盤までそのことに気がつかなかった。なんていうか、何かが足りなかった。なんとも言えないけど。」

「俺にとっては明らかに良い試合じゃなかった。本来の自分じゃない感じだった。今回試合がすごく待ち遠しい。オクタゴンにあがって、もう一度自分らしい戦いをする。」

「危険が迫ると自分の良さが出る。俺の安全とか健康を脅かすような選手が相手だと、自分の中の虎が出てくる。マットはそういう選手だ。カウボーイ・オリヴェイラもそう。」

「しっかりと準備をした。気合の入った本気のキャンプをしたし全てを注いでいるっていう感覚がある。全力でトレーニングキャンプをした。ものすごくハードに追い込んだ。過去にすごく大きな試合をして、すごくハードなトレーニングキャンプをしてきた。前回(マグニー戦)は、ハードなトレーニングをしたけど、なんていうかうまく言えないけど、全てを注いでいなかったと思う。」

「この試合は最初から、トレーニングも準備も気持ちも全力を注いでいる。そこが違うと思う。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中