マックス・ホロウェイ:NYSACを擁護

http://www.mmanews.com/max-holloway-defends-nysac-for-ufc-223-ruling/

ByRandal Corp– April 9, 2018

マックス・ホロウェイは、UFC 223のウェイイン前に試合に適した健康状態にないとして欠場を余儀なくされる。

ニューヨーク州アスレチック・コミッション(NYSAC)の決断を理解する一方で、彼の中のファイターとしての気持ちは憤慨していたという。Hawaii News Nowに語った。

「彼らから止められたとき、俺の中のファイターとしての気持ちはどんな状態だろうと戦いたいって思っていた。」

「みんながコミッションをやり玉にあげているけど、彼らは我々を守るためにいるんだ。俺たちのために、俺たちを守るために存在している。彼らが俺の試合を許可した結果何が起きていたかわからないだろ。彼らはずっとバイタル(脈拍、血圧など)のチェックをしていて、あの朝もチェックをした。最後のチェックで、彼らは俺の状態が良くないと見た。それで試合を止めたんだ。辛かったよ。」

「辛い経験だったけど、彼らはそのためにいる。ファイターを守るためにいる。(ダナ・ホワイトが)言ったように、彼らは我々を守るために存在する。歴史を創る試合だったけど、歴史は待ってくれる。」

「1日だけじゃなくて、数日の結果だった。前の週にここに着いたときからコミッションはずっと俺と一緒だった。減量中もずっと。俺が減量をする間ずっと、彼らは毎日俺の部屋にきてチェックしていた。」

「ウェイイン前日彼らは夜早くチェックをした。その後寝て、ウェイイン前の早朝にまたチェックをした。あと数ポンドのところだったけど、彼らは中止を決めた。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中