イリル・ラティフィ:長期欠場とOSP戦について

http://www.mmanews.com/ilir-latifi-eyes-top-five-spot-beats-ovince-saint-preux-ufc-orlando/

By Fernando Quiles Jr. - February 23, 2018

イリル・ラティフィは2018年に大きな業績を成し遂げようとしている。

ラティフィは期間を空けずに試合をすることを好む。ただ、それよりもできる限り長くキャリアを続けたいと考える。彼はライアン・ベイダーにノックアウト負けを喫した後丸一年の回復期間を設けている。それが功を奏し、タイソン・ペドロを相手にユナニマス・デシジョンで勝利することができた。

2月24日、ラティフィはオヴィンス・サンプルーと対戦する。なぜ長めの欠場期間をとったのか、Bloody Elbowに説明した。

「いつもは頻繁に試合をする。あれの前は毎年34試合戦っていた。全ては自分の身体がどう感じているかによるんだ。怪我をしているのか、治すのに時間がかかるのか。長い間活躍したかったら自分の身体の声を聞かないといけない。」

ラティフィはOSPに勝つ事ができればライトヘビー級のトップ5に入れると考えている。ただ、先のことを考える前に、目前の対戦相手がどういうファイターかを理解している。

OSPは長いことここにいる。彼はあらゆるベストファイター達と戦っている。ファイターとしてすごく経験豊富だ。そして彼は全てを出して戦う。だから最高のチャンスだし最高のチャレンジになる。楽しみにしている。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中