デリック・ルイス:ティブラ戦後のインタビュー

Derrick Lewis dishes on possibly broken hand, greasing concerns and future hit list

By: Mike Bohn and Ken Hathaway | February 20, 2018 3:00 pm

デリック・ルイス(MMA通算19勝5敗1無効試合、UFC 10勝3敗)は土曜日のUFC Fight Night 126でマルチン・ティブラ(MMA通算16勝4敗、UFC 3勝3敗)を相手に3ラウンドノックアウト勝利。

ルイスが一番に対戦を希望する相手はファブリシオ・ヴェウドゥム(MMA通算23勝7敗1分、UFC11勝4敗)。2人の対戦はUFC 216で予定されていたがルイスの負傷で消滅している。

「(次の相手は)誰だろうと関係ない。もちろん、フランシスとかカーティス・ブレイズとかがいいけど。それとヴェウドゥム戦はどうしてもやりたいね。もともと戦う予定だったから。嫌な記憶として残っている。」

ルイスは自身のインスタグラムで手の骨が折れたと思うと投稿。最初のパンチで右の拳がティブラの肘に当たってしまったという。

「まだX線とかはやっていないけど、多分折れたと思う。UFCが医者を紹介してくれるのを待っているんだ。X線で診てもらって、できればギプスをしてほしい。ロデオのクック・オフ・イベントに出るから、できれば今週末までにやってほしい。ロデオが始まる前のイベントで、有名人ゲストとして料理とかのジャッジをするんだ。」

「すごく良くなったと思う。打撃とか特定の技術はかなり良くなった。スピードも悪くない。コンディショニングも良くなった。我慢強く、ちゃんとコーチの声を聞くこともできた。動くべき時に動くことができた。」

試合中、ティブラの体についてひとつ気付いたことがあるという。

「彼はベビーオイルか何か塗っていたのか分からないけど、すごく滑った。彼の後ろを取った時も、滑って離れてしまった。オイルとかグリースとかを塗っていたのか分からないけど、滑ってマットに落ちてしまって、それで彼が上になったんだ。汗とは違う感じだった。分からないけど。彼はポーランド人だから、毛穴から何が出てるか知らないし、ポーランド人が何を食べてるかも知らない。」

試合後ルイスは妻との第4ラウンドで勝利を祝うと語っていた。そして、その後の報告はこんなジョークだった。

「やっと昨日できたよ。5ラウンドまでいったぜ。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中