エリク・アンダース:減量時のトラブルについて

Loss of hot water almost ruined Eryk Anders' weight cut, but Lyoto Machida 'was very respectful'

By: Steven Marrocco | February 2, 2018 7:25 pm

「減量はそれほど大変じゃなかった。ただ体重を落とすのに時間がかかってしまった。午前2時にホテルに到着して、お湯を出してみて、ちゃんと全て作動していた。それで仮眠をとって朝5時に起きたら、お湯が出なかったんだ。ボイラーが壊れていたみたいだ。」

「まだ数時間あったから、何とかしようとして部屋を移ったりした。その後彼らがキッチンでポットにお湯を入れて持ってきてくれて、それでバスタブに入ることができた。でも時間が来てしまった。」

一度目の計量は、187.9ポンド。医師により2度目の計量が許可される。

「マチダの振る舞いは凄く尊敬できるものだった。俺の状況を理解してくれたんだと思う。彼は俺に選択肢をくれた。『エリク、自分にとってベストの選択をしてくれ。体重を作るか作らないか。』って。どちらにしても試合をすると。でも、俺は格闘家として、体重を作りたいと思ったよ。」

「それで1時間の猶予をもらって、ベレンの街をスエットとサウナスーツで歩き回って、戻って来て計量をパスした。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中