ケイン・ヴェラスケス:コーミエのヘビー級挑戦について

https://www.mmafighting.com/2018/1/29/16948064/cain-velasquez-explains-cryptic-tweet-eyes-return-at-ufc-226

By Alexander K. Lee@AlexanderKLee Jan 29, 2018, 5:41pm EST

ダニエル・コーミエがUFCヘビー級王者になった場合、ケイン・ヴェラスケスには渡らなければならない橋ができてしまう。二人は長年の友人でアメリカン・キックボクシング・アカデミーのチームメイトでもある。コーミエの成功は、ヘビー級王者に返り咲くというヴェラスケスの計画の障害になるかもしれない。

スティーペ・ミオシッチがフランシス・ガヌーをユナニマス・デシジョンで下し、ヘビー級防衛記録となる3連続防衛に成功して間も無く、UFCはミオシッチの次の防衛戦の相手を発表。ライトヘビー級王者コーミエが、7月7日に開催されるUFC 226でベルトに挑戦する。

この発表の後、ヴェラスケスは以下のツイートを投稿。

『いつものように、毎日ジムに行って俺の兄弟、ダニエル・コーミエがUFC226でヘビー級王者になるサポートをするよ。彼が勝ったら面白い状況になる。』

この投稿は何を意味していたのか。ヴェラスケスはMMA Hourに出演しこう説明した。

「どういう意味か?面白くなるって意味だよ。彼はヘビー級で俺もヘビー級。俺が階級を落とすかって?どうだろう。ただ、面白くなるよ。どんな展開になるか分からないんだ。彼が階級を上げて戦うのは良いことだと思う。彼は以前にもヘビー級で試合をしていたから、もう一度それをやるんだ。」

「もし俺が階級を落とさないといけないとしたら、それもできる。大変だと思うけど、それは意志の問題だから。もし俺が何か本気でやりたいと思ったら、俺にはできる。とにかく、面白い状況になると思う。試合の後、その時の状況がどうなるかだね。まずやるべきことは、彼の準備を手伝う。それで7月に仕事を成し遂げる。俺たち二人。」

ヴェラスケスは、自身が目標に掲げているヘビー級タイトルにコーミエが挑戦することに問題はないという。

「そのことについて話し合ったし、全面的に支持している。ダニエルに100パーセントのサポートをする。俺自身は、とにかく復帰して自分の力を証明しないといけないって思っている。試合をして俺の恐ろしさを示さないといけない。試合に出て実力をアピールしないといけない。俺はまた試合をするし、引退のことなんて一度も口にしていない。その時じゃない。まだこれを続けたい。」

「彼が電話をしてきて、こんなチャンスがあるって言うから、『俺たちならできる』って言ったんだ。一緒に準備できる。それが二人にとってベストだ。彼は7月のカードで試合をする。だから俺もできればそのカードに出たい。完璧だと思う。その大会までには十分時間があるし、俺とダニエルが一緒に練習できる。一緒にトレーニングをすると、俺たちは最強だ。」

「すごくいいシナリオだ。ダニエルにとって完璧だ。彼は成功すると思うし、彼が勝利できるように俺は彼とのトレーニングを最優先事項にする。彼は勝利する。」

ヴェラスケスは、コーミエと共に7月の大会に出場するとしても、階級を変えることはないという。ただ、この先もコーミエとオクタゴンで戦うことはなさそうだ。

「(コーミエと)俺が試合をするか?それはない。彼との試合はない。彼も同じ考えだと思うよ。俺たちはチームメイトで友達だ。これまで一緒に色々なことをしてきた。ただ、さんざんスパーリングをしてきたから、俺たちからしたら楽なこと、いつもの仕事だよ。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中