ジョゼ・アルド:ホロウェイとの再戦ではより攻撃的な試合をする

http://www.mmanews.com/jose-aldo-promises-to-attack-more-in-holloway-rematch/

By Adam Haynes – November 22, 2017

ジョゼ・アルドは、UFC 212でのマックス・ホロウェイ戦敗戦について、もっとうまくできた点がいくつもあったと考えている。

アルドは、敗戦について嘆いているわけではない。昨年夏のホロウェイ勝利は当然の結果だったと考えている。

「何も不安はなかった。試合をする時はいつも、ベストの状態だ。ホロウェイはあの夜、優れたファイターだった。そして彼が勝った。彼は勝ちにふさわしい戦いをした。言い訳はしない。デデ(ペデネイラス)が俺の足の負傷についてコメントをしたけど、それはトレーニング中にそういうことがあったってだけだ。俺が試合をするということは、ベストの状態だということ。言い訳はない。彼は勝つべくして勝った。俺のコンディションは完璧だ。軽い怪我はいつだってあるけど、俺の武器を奪うようなものではない。今は、蹴り、パンチ、全てやっている。大きな怪我はない。最高のキックボクシング、最高のムエタイを期待してくれていい。」

アルドは、慎重でディフェンシブな戦いは捨て、プレッシャーをかける攻撃的なゲームプランで戦うと誓う。

「試合中ずっと前に出続ける。この試合では、蹴りもパンチもたくさん出したい。最近学んだこと全て。オクタゴンにあがってそれをする。最初から最後まで圧力をかけ続けるから、彼は防御にまわることになる。攻撃は最大の防御だって分かっていても、『彼にはこんな強みがあるかもしれない』って気持ちが自分を抑えていた。もうそんなことはしない。自分らしく、いつものように戦う。それがしたい。戦い続けていれば負ける時もある。だからUFC 212の負けは引きずっていない。もうあのベルトは俺の手にはない。だからトレーニングをして取り戻すって気持ちで、モチベーションが高まった。ホロウェイは、俺が倒す多くの選手の一人でしかない。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中