ダナ・ホワイト:マーク・ハントへの反論

Dana White fires back at Mark Hunt: 'How can you take your own words out of context?'

By: MMAjunkie Staff | October 29, 2017 9:30 am

ホワイトはdailytelegraph.com.auで以下のように主張。

「マーク・ハントは、11月のオーストラリア シドニーでのマルチン・ティブラ戦を許可されていない。そういうことだ。彼は許可が出たと主張しているけど、それは正しくない。

俺の認識を話す。

マーク・ハントはオーストラリアのサイトに記事を投稿して、いくつか深刻な症状について書いていた。よく眠れないとか、前日のことを覚えていることができないとか。

彼自身の言葉だけど、彼は文脈から切り離されて解釈されたと言っている。自分で言った言葉がどうして文脈から離れるんだ?俺が何をしたか知っているか?彼の症状を知ったその週に、チームが彼のマネジメントにコンタクトを取って、脳検査で世界一のLou Ruvo Brain Centerでよく診てもらうように、ラスベガスまでのファーストクラスの席を申し出た。それでどうなったか。彼は完全に拒否したんだ。

そういう症状があると言っている人間を、追加の検査なしでオクタゴンに上げられるわけがないだろ。絶対にそんなことはしない。だから、自分ができる唯一のことをした。彼を欠場させた。彼があの記事を書いてからわずか9週間後の大会だ。これで彼は専門家に診てもらう時間ができる。言っておきたいけど、すでに試合契約にサインをしていてマーケティングに大金も使っていたから、大きな損失だった。それでも、あれが正しい行動だった。

それで今に至る。結果、マークは彼が訴訟を起こしたから俺が彼に恨みを持っていて嫌がらせをしていると言う。一つ聞かせてくれ。

だったら、その後彼を2試合出場させるか?一つはメインイベントだった。
言い換えると、164万5千ドルも彼に払うか?そこには5万ドルのファイト・オブ・ザ・ボーナスと2万5千ドルの裁量ボーナスも含まれる。

全て訴訟の後のことだ。彼に対して何も問題がないからじゃないか。

ようするに、俺の仕事は世界最高の試合を組むことで、この仕事には選手の保護も含まれる。彼らはファイターだから試合がしたいっていうのは分かる。しかし、安全が第一でないといけないし、それはずっと俺の目標だった。公平で安全な場を提供する。所属選手達のために戦いの環境を整える。ほぼ20年これをやっているし、今それを辞めるつもりはない。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中