エメリヤーエンコ・ヒョードル:弟アレキサンダーを激しく非難

https://www.rt.com/sport/407997-fedor-emelianenko-alexander-emelianenko-conflict/

Published time: 27 Oct, 2017 16:30

MMAレジェンド、エメリヤーエンコ・ヒョードルは、弟エメリヤーエンコ・アレキサンダーに対して公開状を発信。長年の確執が悪化したようだ。

刑務所を出所したエメリヤーエンコ・アレキサンダーは、先日3年ぶりにプロMMA復帰を果たしている。先週、ロシアのスポーツサイトsovsport.ruの独占インタビューで、兄と10年間話をしていないことを明かした。

さらにヒョードルの周りの人間を「ごますり」と評し、兄弟の確執は悪化していることを窺わせた。

アレキサンダー:「彼は周りに『お友達』を置いている。彼にくっついて、決して彼に本当のことを言わない人間たちだ。金づるを失うのを恐れているんだ。彼の周りには、ごますりしかいない。」

3日後、同じサイトから、公開状のかたちでヒョードルが返答をする。

「いつもは他人の発言に対してコメントをしないけど、黙っているわけにはいかない。これが最初で最期の返答だ。いちいち君の嘘に反応するのは私の品位に関わる行為だから。」

「一番大事なことは、なぜ私が公開状を発信するに至ったかだ。君は私の親戚のことをごますりだと言った。ごますりとは君のことだ、裏切り者。君に近い人たち、大変な時に君を支えた人たちが今辛い思いをしているのが可哀想だ。私は君のために多くの人たちに謝罪をした。」

「私のことは何とでも言っていい。私は耐える。しかし、私のそばにいる人間を侮辱するな。第一、君は彼らのことを知らない。君が知っている人間は皆、君を助け、君の人生で大事な役割を果たした。君は彼らの小指ほどの価値もない。君は私とは関わりのない人間だ。」

「君はインタビューで私をサポートできると言った。私には理解できない。刑務所から出たばかりで、トレーニングで暴力を振るってばかりいる人間がどうして私のサポートなどできる。ひとつだけ言っておく。家族の名前と私の両親を汚すな。」

ヒョードルは、昨年11月にベラトールと複数試合契約を結んでおり、ベラトールでキャリアを終えると語っている。6月のベラトールでの初戦、マット・ミトリオン戦は1ラウンドKOで敗れ、キャリア5敗目となった(通算36勝5敗)。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中