コナー・マクレガー:計量時のフロイド・メイウェザーは「犬のフン」みたいだった

https://www.mmafighting.com/2017/8/25/16207064/conor-mcgregor-floyd-mayweather-looks-like-dog-sh-t-at-weigh-ins

by Alexander K. Lee@AlexanderKLee Aug 25, 2017, 7:07pm EDT

コナー・マクレガーは、今週頭に行われたプレスカンファランスでは抑えめな印象だったが、金曜日のウェイインではかなり荒々しかった。

マクレガーは、シネイド・オコナーが歌う「フォギー・デュー」とザ・ノトリアス B.I.Gの「Hypnotize」のミックスの心地よい音楽をバックに現れる。計量結果はメイウェザー戦の契約体重より1ポンド軽い153ポンド。試合会場はネバダ州T-モバイル・アリーナ。

40歳の偉大なボクサー、メイウェザーの体重はマクレガーよりもだいぶ軽い。149.5ポンド。彼が選んだ入場曲はフィル・コリンズの「In the Air Tonight」。

二人の振る舞いは全く違っていた。メイウェザーはステージの反対側にいるマクレガーを見て笑っただけで、感情を露わにすることはほぼなかった。一方のマクレガーは、計量をパスすると激しく感情を爆発させた。

フェイスオフでは、マクレガーが罵倒と脅しの言葉を吐き続け、最後はメイウェザーの鼻先数インチのところで叫び声をあげた。

この後、両者はそれぞれジム・グレイとインタビューを行った。

マクレガー:「彼は犬のフンみたいだった。くたびれていたよ。水分が多すぎだ。俺のペースについてこれないよ。本当の話だ。これまで見たなかで最低の状態だったね。」

マクレガーは、水分補給後の体重を問われ170ポンド近くになるだろうと語った。そして、彼のサポートのためにやってきたアイルランド人たにを称賛する。

マクレガー:「ことわざがある。アイリッシュは無敵だって。そういうことだ。俺たちはどこにでも侵入して乗っ取る。ラスベガスは今やアイルランドだ。」

「リングの中央で足をふみ鳴らす。リングの真ん中からどこにも行かない。さあどうなるか。彼はビビっていたよ。そういうことだ。明日会おう。」

メイウェザーは、いつも通り落ち着いている。体重差もマクレガーファンの声援の轟音も気にしていないようだ。自身の引退試合が、マクレガーの引退試合にもなるだろうと語った。

メイウェザー:「最終ラウンドまで行くことはない。約束するよ。ファンに感謝する。体重もこれが最後の試合だってことも全く気にしていない。この試合はコナー・マクレガーにとっても最後の試合になる。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中