ロビー・ローラー:試合後のコメント

After UFC 214 win, ex-champ Robbie Lawler 'not too worried' about new title shot

UFC 214大会後、UFC代表ダナ・ホワイトはウェルター級の次のタイトル挑戦者として、ロビー・ローラーの名前を挙げた。そうなれば、ローラーにとってタイトル奪還だけでなくUFC 201でノックアウト負けを喫した相手にリベンジを果たすチャンスになる。ローラーがこのアイデアに興奮しているとすれば、彼はそれを上手く隠しているようだ。

「そんなに、それにはとらわれないよ。自分のやるべきことをやらないといけない。技術を上げて、いい状態になるように。良い状態で対戦相手の前に25分立てれば、一番になれると思う。」

「人が何を言うかとか、どう考えるかとかはあまり気にしてない。自分自身を見つめて、技術を上げることを考える。自分が自分を一番厳しく見てると思うし、それが大事。」

ジャジ全員が28-29の判定勝ちだ。2ラウンドは落とした。

「1ラウンドと3ラウンドを俺がとった。プレッシャーをかけたり。ジャジの手に委ねたら、何が起こるか分からない。彼は激しい戦いをしてきた。1 ラウンド、フィニッシュできると思ったよ。」

「自分のパフォーマンスにがっかりしてる。もっとやるべきだったって思う。ただそれだけ。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中