クリス・サイボーグ:女子MMAの顔になることは望んでいない

http://www.mmanews.com/cris-cyborg-doesnt-want-to-be-face-of-womens-mma/

By Fernando Quiles Jr. – July 18, 2017

クリス・サイボーグは、女子格闘技の顔になりたいわけではない。

ジーナ・カラーノが女子MMAで一番人気だった時、サイボーグはストライクフォースで彼女と対戦しその勢いを止める。それでも彼女は女子格闘技の顔とは考えられていなかった。ロンダ・ラウジーの人気が急上昇したからだ。

ラウジーのMMAキャリアが終わりを迎えようとしている今、多くの人間はサイボーグを女子MMAの顔としようとしている。メディアとの取材の中で、サイボーグはこの考えに乗り気でないことを語った。

「女子MMAの顔が一人だけだとは思わない。この団体には大勢のアスリートがいるから。何が起きたかっていうと、ロンダが女子MMAの顔だったけど、彼女は2敗して復帰する気がなくなってしまった。スターは一人だけじゃない。一人だけだと、その選手が去った後は何もなくなってしまう。」

さらにサイボーグは、女子MMAを代表することができるファイターが大勢いると語った。

「何人もアスリートがいるなかで、女子MMAの顔が一人だけっていうのはありえない。UFCの女性ファイターみんながMMAファイターの代表であるように、私はベルトを獲って女性の代表になる。女子MMAの顔が一人だけっていうのは良くないわ。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中