コーディ・ガーブラント:UFC 217 試合後のコメント

http://www.lowkickmma.com/instant-articles/cody-garbrandt-respects-tj-dillashaw-as-a-fighter-not-a-person/

「TJとトレーニングをしていたから、彼が手ごわい相手だってことは分かっていた。彼は素晴らしい技術をもっている。彼の技術をずっと尊敬していたよ。人としては尊敬していないけど、ファイターとしては尊敬している。勝っても、負けても、引き分けても、常に試合後は相手に敬意を払う。」

「彼の強打が俺を捉えた。俺が犯した技術的なミスにつけ込まれてしまった。1ラウンドは調子が良かった。言ったように、俺の方が優れたファイターだ。もう一度戦いたい。でも、それはUFC次第。ファンも見たがっていると思う。心から自分が世界一だって信じている。それを早く証明したい。」

「本当に俺の方が優れたファイターだ。再戦でそれを証明する。でも彼らがどうするか次第だ。この階級のファイター全員倒さなければならないなら、そうする。俺が王者の時に対戦要求をしてきたファイターは大勢いる。少し後退したけど、俺はまだここにいる。俺はまだハングリーだ。今回は学習の機会だった。これまでの人生、勝利よりも敗北からの方がずっと多くのことを学んできた。」

「これをやるために俺は生まれてきた。俺の情熱で愛だ。もう一度頂に戻るためなら何でもする。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中