コナー・マクレガー:次戦のオプション

https://www.mmafighting.com/2017/9/29/16388254/conor-mcgregor-lays-out-his-options-for-next-fight

by Peter Carroll@PetesyCarroll  Sep 29, 2017, 6:40pm EDT

フロイド・メイウェザー戦敗戦から1ヶ月が経ち、マクレガーは次戦の全てのオプションについて語った。

ジョン・カヴァナーとオーウェン・ロディは、ネイト・ディアス戦を希望しているが、マクレガー自身は次戦のオプションとして、MMAとボクシング界から数名の有力選手を取り上げた。

グラスゴー、SECアルマジロで開催されたAn Evening with Conor McGregorに登場したマクレガーは、キャロライン・ピアースにこう語った。

「俺は今まだ負けたばかりだから、今はただどんなオプションがあるか見ている。」

まず最初に話題にしたのは、トニー・ファーガソンとケビン・リーのライト級暫定王座戦。そして、ポーリー・マリナッジとのMMAファイト、フロイド・メイウェザーとのボクシングあるいはMMAでの再戦について語った。

「オプションの一つだ。暫定王座のベルトができる。これも一つのオプションだ。」

「もちろん、ネイト・ディアスとのラバーマッチもある。もしかしたらボクサー連中、例えばマリナッジがこっちにきてMMAマッチをするかもしれない。あとフロイド、彼をもう一度おびき出せるかもしれない。」

「ボクシングでの再戦か、彼が最初に言ったように、次はMMAマッチでもいい。そういうオプションもある。」

ファーガソンvs.リーについては、どちらからが欠場する可能性もあるという。

「彼らが試合をすることを嬉しく思っている。あいつら全員無能だから。彼らが試合をすることを、単純に嬉しく思う。戦いを見たい。」

「直前になって欠場するやつが多すぎるから、まだこの試合までたどり着いていないんだ。だから、今回は試合が行われることを祈ってるよ。もちろん、ネイトも待っているけど、俺たちがどうするか決めるまで待つことになる。」

「いくつかのオプションを目の前に置いて、何が上がってくるかだ。俺を興奮させるものじゃないといけない。あのバカ二人が今週末どうなるか様子を見よう。どんなエネルギーかを見定める。」

ダナ・ホワイトは、ロシアでのハビブ・ヌルマゴメドフ戦という案を口にしており、マクレガーも乗り気だ。さらに、UFC 218でのジャスティン・ゲイジーとエディ・アルバレスの試合も楽しみにしているという。

「もちろん、ハビブもオプションのひとつ。もちろんだ。」

「あと、ゲイジーとかいう奴もいる。彼は俺がタイトル戦で戦ったエディ・アルバレスと対戦する。何が起こるか楽しみだ。彼は無敗だし、エディだってまた上がってくるかもしれない。」

「俺は彼らの試合を見たいんだ。彼らが俺は試合をしないって言っているって?俺は違う分野に乗り込んで戦っている。彼らは座ってツイッターで文句を言っているだけだ。俺は実行している。」

ヌルマゴメドフにつては、彼の欠場の経歴についても指摘している。

「もちろん、ロシアでのハビブ戦はグレートだ。ものすごい試合になる。どうなるか様子を見よう。ただ、彼が体重を作れることを保証してほしい。ロシアまで行って、彼が体重を作れないってのはダメだ。それは保証してほしいね。」

最後に、マクレガーはジョルジ・サンピエールについても語った。

「彼は引退していた人間だけど、マネーファイトになる。でもどうだろう、ビスピンに負けると思う。正直、あれだけ長い間試合から離れていて、ミドル級で戦うっていう判断は間違いだと思う。」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中