クリス・ワイドマンvs. ゲガール・ムサシ:議論を呼んだストップ

http://www.bjpenn.com/mma-news/chris-weidman/chris-weidmans-corner-reacts-controversial-gegard-mousasi-stoppage/

April 10, 2017 6:23 am by Tom Taylor

UFC 210のコメイン・イベントでクリス・ワイドマンはゲガール・ムサシにTKO負けを喫した。このTKOが議論を呼んでいる。ムサシの膝蹴りは最初は反則とみなされ、試合が中断したが、最終的にはリーガルとなり、ムサシ勝利となった。

膝蹴りがリーガルと判断された後に試合が続行されなかった一つの理由は、ワイドマンがレフリーに曜日を答えられなかったからだ。ワイドマンのコーナーのライブ音声を聞くと、それは特に問題にすることではないとも思える。

コーナーの音声を聞く限り、ワイドマンのコーチ、マット・セラとレイ・ロンゴはワイドマンのダメージをそれほど心配していないことがわかる。二人、特にセラは、ストップに激怒しており、ムサシについて悪い言葉も口にしている。

以下は、試合終了の直前から始まるコーナー音声のスクリプト。

セラ(ワイドマンに):大丈夫だったら、彼らにそう伝えるんだ!

ワイドマンは曜日を答えられず、審判団が審議する・・・

セラ(審判団に):彼は曜日はもとから分からないけどな!

試合終了が決まる。

ロンゴ:クソ、嘘っぱちだ。ノー、ノー、ノー!

セラ:曜日が答えられないからだって?彼はそもそも曜日のことを知らないかもしれないじゃないか!彼のシャツをよこせ。彼のシャツはどこだ?

ロンゴ:何てこった!彼は勝っていたのに。

セラ:今日は2月だって言って、曜日も分からなかった。

セラ:あの野郎汚えぞ!

レフリー、ダン・マグリアータ(ワイドマンのコーナーに):彼らがリプレイを見て、リーガル(合法)だったんだ。

セラ:あれがリーガル?

ワイドマン:あれがリーガルなんてありえない!

セラ(レフリー、ダン・マグリアータに):おい、ダン、冗談だろ、ダン?なんであれがリーガルなんだ?

ロンゴ:マザー・ファッカー!

広告

2 comments on “クリス・ワイドマンvs. ゲガール・ムサシ:議論を呼んだストップ

  1. >>after the knee was deemed legal
    >>膝蹴りが反則とみなされた後に試合が続行されなかった一つの理由は

    膝蹴りが「リーガル」とみなされた後に試合が続行されなかった一つの理由は

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中