チェール・ソネン:ヴァンダレイ・シウバと戦う10の理由

Why is Chael Sonnen fighting Wanderlei Silva? 'The American Gangster' has a top-10 list

By: MMAjunkie Staff | April 26, 2017 7:30 am

チェール・ソネンは、なぜヴァンダレイ・シウバと戦うのか?彼の理由を聞こう。

「The Ultimate Fighter: Brazil 3」でソネンとシウバがコーチを務めた後、UFCは二人の試合を組もうとしていた。しかし、この試合は数年後にベラトールで行われることになった。

ソネン(MMA通算29勝14敗1分、BMMA0勝1敗)とシウバ(MMA通算35勝12敗1分、UFC5勝7敗)は、6月24日、ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン開催のベラトールNYCでメインイベントを務める。MMAjunkieでのプレリムとそれに続くスパイク放映のBellator 180の直後、ダブルヘッダーイベントとしてペイパービュー開催される。

ソネンにとって、サブミッション負けとなった1月のティト・オーティズ戦以来の試合で、2012年からの戦績は1勝4敗。この間、40歳の“アメリカン・ギャングスター”は、薬物検査で陽性反応となりしばらくの間MMAから離れていたが、UFC離脱後にベラトールと契約し、再び試合をすることを決断する。

3年以上のブランク明けだったティト・オーティズ戦は、一度きりのMMA復活のつもりだったのかもしれない。しかし、ソネンがシウバとの遺恨試合を望んでいたことは確かだ。TUF: Brazil 3で、二人の間にはいざこざがあったものの、怪我や薬物テストの問題などで二人の試合が行われることはなかったからだ。

では、なぜ今になって?ソネンは夜通しTwitterで10の理由というものを投稿した。彼がコメディアンではなくMMAを選んだのは正解だったようだ。

「ワンドと戦いたい10の理由」

10. JFKが撃たれた時に自分がどこにいたか、という質問に満足のいく回答ができなかった。

9. ホテルの枕からラベルを剥がして、罰金を払っていない。

8. “Nuclear”を “Nuculer”と発音する。

7. 氷を透明の石だと思っていて、氷が溶けるのを見ると世界の終わりが来たと思ってしまう。

6. ステーキハウスSmith & Wollensky’sで、サーモンを注文する。

5. 3Dメガネを付けたまま映画館を出て、車で帰宅中、フロントガラスの蚊を避けようとして事故を起こす。

4. サインフェルドのエレイン・ベネスみたいに踊る。

3. 食事の後30分も待たずに水泳をする。

2. あの馬鹿げた帽子。

1. 犬をリーシュに繋がずに外に出す。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中