マウリシオ “ショーグン” フア:引退の話題に若干うんざりしている

http://www.mmanews.com/shogun-rua-the-subject-of-retirement-bothers-me-a-little/

By Fernando Quiles Jr. on January 20, 2017@FQJMMA

マウリシオ・フアは、MMAでの実力を証明済みのベテラン・ファイターだ。現在、プロ通算34試合で、24勝10敗。これまで、UFCライトヘビー級王座も経験している。

35歳となった今、ファンはいつフアが引退を決意するのだろうかと考えている。“ショーグン”は、これまで素晴らしいキャリアを築いているが、7度のフィニッシュ負けをしている。また、最近の2勝も素晴らしい勝ち方とはいえなかった。

MMAJunkie.comは、先日フアとインタビューを行った。元王者は、引退について話をするのは気分が良いものではないという。

「この話題には若干うんざりしているよ。俺はキャリアが長くて、経験豊富だけど、まだ若いんだ。35歳だから。選手が引退するのは40歳とか、38とか39とか、人それぞれだよ。アスリートはみんな自分が辞めたい時に辞めていいと思う。」

試合による長期に渡る健康問題も多いが、フアは他の職業に例えて話をする。数回負けたぐらいで、大好きなことを辞める必要はないと。

「2、3試合負ただけで、引退についてだいぶ憶測があるけど、誰だった負けることはあるよ。例えば、外科医の手術が完璧じゃないからって引退するか?歯医者の歯の抜き方が完璧じゃないからって引退するか?ビジネスマンがミーティングに行って、それで交渉がうまくいかなかったからって、仕事を辞めないだろ。試合を楽しんでいて、UFCも俺の試合を望んでいるなら、みんなも引退のことばかり考えなくてもいいと思うんだ。」

フアは、ブラジル、フォルタレザのセントロ・デ・フォルマソン・オリンピカで、ジアン・ヴィランテとの試合が組まれている。

3月11日開催。メインは、ライトヘビー級元王者ビクトー・ベウフォート対TUFシーズン17ミドル級トーナメント優勝者ケルヴィン・ガステラムのミドル級マッチ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中