ネイト・ディアス:試合後のマイク

(チマエフは)ただの女々しいルーキーだ。ビッチ・アス・ルーキーのことは眼中にない。残り一試合の状態で、永遠に試合が組まれなくて、それで俺は誰でもいいから戦うと言った。結果的に本物のギャングが俺の相手になった。MMAを背負う男だ。

俺とUFCとのこれまでの関係は良い時も悪い時もあった。でも、結局のところ俺はUFCを愛している。デイナ・ホワイト、ロレンゾ・レティ―タ、ハンター・キャンベルに言いたい。俺や仲間たちにチャンスを与えてくれて、ずっと居場所を提供してくれて感謝する。俺はUFCで最長のキャリアを誇っていると思う。そして最高のキャリアを築いた。誰よりも稼いだし、長く生き残った。

少しの間UFCを出る。そしてUFCファイターたちに他のスポーツを制圧する方法を示すつもりだ。どうやってやるかを見せてやる。コナー・マクレガーはやり方を知らなかった。他のどのファイターもそのやり方を知らない。だから俺が一歩踏み出して他のスポーツでトップにたってやる。俺が一番だってことを証明して、そのあとUFCに戻ってきてUFCタイトルファイトをする。UFCのベルトは世界で最高のベルトだ。

(ボクシングですか?)とにかく皆に他のスポーツで成功する方法を見せつけるつもりだ。他の奴らはボクシング、キックボクシング、柔術、そして他のMMAの団体をやろうとしている。トップの中のトップはここにいる俺だ。待っていろ。

シーザー・グレーシーはスタートした時から支えてくれた。ニック・ディアス・アーミーの皆のことを愛している。それから、リチャード・ペレス、ランディ・スペンス、クリス・ミラー、そして俺の兄貴、戦いの神、ニック・ディアス。今夜はパーティーだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中