ヘンリ・ホーフト:アンソニー・ジョンソン引退スピーチの際ケージにいなかった理由

http://www.mmanews.com/henri-hooft-explains-being-out-of-the-cage-during-anthony-johnsons-retirement/

By Fernando Quiles Jr. – April 10, 2017

アンソニー・ジョンソンがコーチのヘンリ・ホーフトの名前を呼んでケージ内に招き入れようとした時、ジョンソンは彼を見つけることができなかった。

“ランブル”は、UFC 210のメインイベントでダニエル・コーミエにサブミッション負けを喫した後、MMA引退を発表。2度目のUFCライトヘビー級タイトル挑戦だった。

ジョンソンは引退発表の際に、ホーフトの姿が見当たらないことに驚いていた。そして、詳細を知らないファンから批判の声があがった。ホーフトは、MMAFighting.comのThe MMA Hourに出演し、なぜあの場所にいなかったのかを説明した。

「試合の直後、ケージの中にいたよ。彼が俺のところにやってきて、『失敗しちまった』って言ったと思う。それで俺は『まあまあ、辛いのは分かるけど前を向こう。終わったことだ』って言ったんだ。どのコーチも敗戦の後に言う言葉だ。あの場面で色々と話をすることはできないんだ。ケージの中で、『なあ、元気をだそうぜ』って言葉をかけて彼から離れたんだけど、ケージの中はすごく人が多かったから、立ち去って上着を着たんだ。」

「彼の引退スピーチはバックステージで聞いたよ。俺とかを探しているってことを聞いて『しまった』って思ったね。それで戻ろうとした時に、カーテンのところで、ジョンソンがアリーナ・フロアーに向かって来るのを見たんだ。」

「彼と一緒に泣いて、話をしたりして、それで実感が湧いたよ。でも驚きはなかった。すでにその話をしていたから。アンソニーとはもう6年の関係で相当長い間一緒にいる。ここ2ヶ月は、ブラックジリアンズで色々なことが起きて、俺たち全員にとって辛い時間だった。めちゃくちゃな状況だった。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中