ハファエル・ドス・アンジョス:ライト級で続けるのは金銭的に厳しい

http://www.mmanews.com/rafael-dos-anjos-explains-why-staying-at-lightweight-is-financial-burden/

By Fernando Quiles Jr. – March 13, 2017

ハファエル・ドス・アンジョスは、彼のファイトマネーはライト級に留まるには十分でないという。

UFC 155ポンド元王者のドス・アンジョスがウェルター級転向を発表した際は大きな話題になった。ドス・アンジョスは、ライト級での試合の際、自身の身体に減量による過度のストレスがかかっていたと語る。

エディ・アルバレスとの対戦でライト級のベルトを失った後、ドス・アンジョスはトニー・ファーガソンとの勝負に挑むも、ユナニマス・デシジョンでの敗戦という結果となった。

MMAJunkie.comとの最近のインタビューで、ドス・アンジョスは減量と経済的な負担について語った。

「今俺がもらっている額は、155ポンドの体重を作るに値しないんだ。もし、スーパーファイトでファイトマネーもよければ、やるつもりはある。ただ、今もらっている額は、自分の身体をあれほど酷いストレスに晒すには値しない。」

「理想的な試合の日程は、6月のどこかだね。だから、話し合いをするために、ここフォルタレザにいるんだ。近い日程で試合が組まれると思っているよ。対戦相手とか場所はまだ分からないけど、6月に試合をする準備ができている。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中