ジミー・リベラ:「ドミニク・クルーズのプライドを傷つけて引退させたい」

http://www.mmanews.com/jimmie-rivera-wants-to-finish-dominick-cruzs-pride-retire-him/

ByFernando Quiles Jr.– January 27, 2017

今月、MMANews.comのティム・トンプソンとのインタビューで、バンタム級6位のジミー・リベラは、これ以上は足踏みをしないと明言した。リベラはバンタム級王者コーディ・ガーブラントとドミニク・クルーズに狙いを定めたようだ。

インタビューから2週間経った今も、そのスタンスは変わっていない。Olimpio MMAとの取材で、“エル・テラー”は“ノーラブ”は彼の試合が組まれないようにプロテクトされていると語った。

「マルロン(モラレス)よりも、クルーズ戦の方がベストだけど、勝った後に何が保証されているかによるね。俺とマルロンの勝者がタイトルに挑戦できるなら、試合を受けるよ。でも、そうはならないはずだよ。アリ(アブデゥル・アジズ:マルロンとコーディ・ガーブラントのマネージャー)はゴールデン・ボーイ、コーディを俺から隠しているんだ。俺が彼を痛めつけてベルトを獲るって分かっているからね。」

リベラは、すぐにでもタイトル戦にたどり着きたいと考える一方、“ザ・ドミネーター”に狙いを定めている。クルーズは、ラスベガスで開催されたUFC 207でガーブラントに敗れ、2007年以降初の敗北を喫している。リベラはMMAからクルーズを追い出すつもりだ。

リベラ:「ドミニク・クルーズと戦って、次のタイトル挑戦者になることを狙っているよ。ユライア・フェイバーと同じように、プライドを傷つけて引退させることになるから、準備しておいた方がいいね。」

“エル・テラー”は、1月15日フェニックス開催のUFC Fight Nightでブライアン・キャラウェイとの対戦が予定されていた。しかし、キャラウェイの怪我で試合が流れている。リベラは当初、急遽出場となるマルロン・ヴェラとの試合に合意していたが、この試合をしないという決断をした。

タイガー・シュルマン所属のリベラは、ナンバーワン・コンテンダーにたどり着く試合だけを求めていることは明らかだ。UFCはどう対応するだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中